心カテ部門システム


はじめに


運用

  1. 予約枠設定の運用

  2. オーダー入力(依頼側の運用)

  3. 検査当日準備

  4. 検査実施から後処理

  5. 検査医師実施入力

  6. 報告書(レポートシステム)

添付資料


想定機能

  1. 予約受付から検査当日準備

  2. 実施入力

  3. 報告書

要求機能

  1. 当日検査のリストが表示できること

  2. 各心カテ端末で当日患者リストから検査対象患者を選択した時点で実施入力画面が表示されること。
  3. 実施内容は検査及び治療の種類でデフォルト設定され、変更時のみタッチパネル、キーボード入力により変更できること。

  4. 実施入力終了とともにフィルム袋とシネフィルム箱に貼り付けるタックシールを印刷できること

  5. 実施入力後、オーダ情報および実施情報がデータベースとして蓄積され各種統計業務、照射録プリントに利用できること

  6. 実施入力時に実施された心カテがそのデータベースへ登録できること
  7. シネNoは一検査一番号(親番号)で、これとは別にPTCAや各種DEVICE毎に番号(子番号)が作成されること。